脱毛サロンの利用にあたって多くの方が気にするポイントが、勧誘行為です。現在ではしつこい勧誘なしを謳っている脱毛サロンは多いですが、それでもおすすめという形で他コースや化粧品の紹介をされたりするケースはあります。そういった場合に不要な契約をしてしまうことのないよう、きっぱり断る為のテクニックを知っておくことが大切です。

脱毛サロンの勧誘をきっぱりと断る為に何よりも重要となるのが、不要であることをはっきりと伝えることです。曖昧な返事は勧誘を長引かせる原因となってしまうので、この部位以外は脱毛をする気が無いなど、はっきりと他コースを契約する気が無い意思を伝えるようにしましょう。

一方、脱毛サロンで勧誘を受けた際にやってはならないのが、お金を理由として断ることです。お金が無いという理由で断ると、脱毛サロン側にはお金の問題さえクリアできれば、契約する意思があると受け取られてしまいかねません。ローンを勧められたり安い他コースを提案されたりなど、より強引になってしまうケースもあるので、お金を理由に断ることはやめましょう。

また、考えておきます、家族に相談しますなどの断り方も、勧誘を長引かせてしまう可能性があります。これらの断り方では次回来店の際に再び勧誘を受けてしまうので、保留するのではなく、不要なものは不要であると明確な意思表示をしましょう。

スタッフによっては、どんな断り方をしてもしつこく勧誘を続けてくるケースもありますが、そういった場合はサロン側に相談し、担当スタッフを代えてもらうのも一考です。
脱毛サロンおすすめランキング!効果口コミ徹底調査【脱毛サロンDX】はこちら